50代のワクチン接種(1回目)と副反応(2021年8月)

シェアする

スポンサーリンク
新型コロナワクチン

先日(2021年8月上旬頃)、新型コロナワクチンの接種(1回目)を受けた。

ちなみに、わたしはアラフィフで基礎疾患はなし。

事前に主治医に相談して接種しても問題はないことを確認した。

新型コロナワクチンを接種していいか主治医に相談
先日、通院した際に新型コロナワクチンを接種してもいいか、主治医に相談した。 わたしは腎臓結石の検査で定期的に通院している。 ...

接種したワクチンの種類はファイザー(コミナティ筋注)だ。

接種前に心配していた「副反応」は……一応あった

詳細は後述する。

ワクチン接種当日~2日目の状況を備忘録としてまとめておく。

スポンサーリンク

接種当日

当日は接種予定時刻の15分前に会場に到着した。

予定時刻まで待たされるかと思ったが、すぐに受付してもらえた。

ほとんど待つことなく、予定時刻の5分前に接種は完了した。

注射時の痛みはほとんどなかった

接種完了後、すぐに経過観察のブースに移動して15分の待機が始まった。

経過観察中はスマホでKindle本を読んでいた。

アナフィラキシーショック等の「異変」は起こらなかったので、接種完了後15分で会場を後にした。

副反応はじまる

接種2時間後、注射をした箇所あたりに「軽い筋肉痛」を感じはじめた。

痛みは軽く、腕はほぼ自由に動かせた。

あと、軽い吐き気がした。

心配していた「発熱」「倦怠感」は起こらなかった。

接種前は「接種後2日ほどは副反応で寝たきり」と覚悟していたが、ふつうに動けた。

副反応の心配の9割は「杞憂」だった。

接種2日目の副反応

接種2日目、つまり接種の翌日も「接種部位付近の軽い筋肉痛」が続いていた。

筋肉痛がおさまったのは接種3日目(接種翌々日)の朝だった。

軽い筋肉痛なので、特に日常生活に支障はなかった。

ワクチン接種の準備

副反応に備えて準備したのは次のアイテムだった。

  • 解熱剤(市販)
  • スポーツドリンク
  • 冷熱シート
  • 湿布
ワクチン接種の準備とワクチン休暇
新型コロナワクチンの接種予定日が近づいている。 すでに接種されたブロガーさんの記事等を参考にして、必要なモノを準備した。

このうち、使ったのは「湿布」だけだった。

筋肉痛の箇所に貼った。

2回目の接種は8月末頃だ。

副反応まとめ

最後に副反応を時系列でまとめておく。

■接種当日
接種2時間後:接種部位付近に軽筋肉痛

■接種2日目
早朝:接種部位付近の軽筋肉痛に加え、軽い吐き気あり

11:00頃:軽い吐き気が解消

■接種3日目
早朝:接種部位付近の軽筋肉痛が解消

その後、副反応らしきものは発生せず現在に至る。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS