NHK日曜討論 麻生財務相発言要旨

シェアする

スポンサーリンク


2013.1.6の番組視聴記録。以下、解:解説委員、麻:麻生財務相。マスコミ批判の部分は強調表示。

解:選挙中は安倍さんは高揚しすぎていたのではないか?
麻:安倍さんは高揚し過ぎとNHKは叩いていたが、政治家が選挙中に高揚するのは当たり前。

解:経済政策について。
麻:金融政策、財政政策、成長戦略の3つを同時にやっていく。

解:日銀との協定(アコード)について。
麻:マスコミへのネタ提供目的の協定の締結にはこだわらない。経済財政諮問会議が開催されたら関係者がそこで話をすることになる。

解:需要拡大について。
麻:金融緩和策だけではダメなのはわかっている。デフレ不況は戦後どの国も経験したことがない。体験者がいないので歴史から学ばなければいけない。財金一致は当然。

解:日銀総裁人事について。
麻:民主党政権のとき、郵政トップには官僚OBが就任したが、NHKは批判しなかった(出演者一同笑)。日銀総裁は能力重視だ。

解:補正予算について。
麻:国民が望んでいるのは景気対策、デフレ対策だ。これらをメッセージとして出せるものにしていきたい。44兆円という枠にはこだわらない。

解:消費税の値上げについて。
麻:10月頃に判断することになる。

解:参議院選挙について。
麻:ねじれ解消が第一だ。

麻生太郎の回答の端々にNHKに対する敵意が滲みでていた。首相時代に叩かれまくり、中川昭一を失った無念があるのだろう。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS