新聞社の横並び体質「早版交換」

シェアする

スポンサーリンク

新聞社では夜明け前になると「早版交換」を行う。新聞社が早版を交換しあって自社の早版を他社の早版を比べる。

目的は、「特オチ」がないかどうかをチェックすること。特オチとは、どの報道機関でも報道されているニュースを、ある報道機関だけが報道出来ずに、落としてしまうことである。 特オチがあれば責任者のクビが飛ぶ。

日本の報道機関は、記事のユニークさを競うのではなく他社と同じ記事が載っているかどうか、つまり横並びができているかどうかが大事だからである。

<参考>
ニッポン放送「ザ・ボイス」ニュースピックアップセブン 2013/4/18 Podcast版
Wikipedia

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS