冷蔵庫の氷に教わったお金の貯め方

シェアする

スポンサーリンク

この夏は猛暑のせいで冷蔵庫の氷はいつも不足気味。お茶やコーヒーを飲むたびにグラスに何個か放り込むからだ。最近、雨天が続いて涼しくなったせいか、氷の需要が減ってきて、冷蔵庫に氷が溜まるようになってきた。

お金が貯まる仕組みもこれと同じではないか、とふと思った。

氷が欲しい!と思っている時ほど、冷蔵庫に氷がなかった。
お金がほしい!と思えば思うほど、お金って貯まらないのではないか。そういう時って、お金を求めて収入をガンガン上げても支出も上がって、たまるのはストレスだけ。

お金が欲しい!という貪欲さがなくなり、お金よりまずお客さんに儲けてもらうのが先だ、とか、今の生活で十分満足だ、と悟った時にお金が貯まりだすのではないか。無欲な出家僧になったりボランティアをすればいいのか?という意味ではなく、お金を追いかけるような人生では、いつまでたっても儲からないし、貯まらないのでは、と思っただけ。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS