カード破産する人たちのたったひとつの共通点

シェアする

スポンサーリンク

昔、TVで録画したDVDを整理していると「個人破産~アメリカ経済がおかしい~」(NHK)という番組があった。

番組によると、アメリカではクレジットカードの使いすぎで家計が破綻するケースが増えているらしい。

「クレジットカードで買い物をしまくったあげくにに破産して家を手放す」

「借金を返せずに高利貸しに手を出す」

といったシーンが映し出されていた。

画面に映し出される何組かの家族を見ていると、ある共通点があるのに気付いた。

部屋の中がモノであふれている

借金で首が回らない人の家でインタビューしているんだけど、部屋の中が子どものオモチャや雑貨のようなものであふれている。

足の踏み場もないくらいに。

おそらく、日常生活で必要なモノはほとんどないだろう。

買ったけど使い道がないから部屋の中にただ置いてあるだけ、という印象を受けた。

不要なモノは捨てないと金運をどんどん吸い取っていく……何の科学的根拠もないが、わたしはそう思っている。

不要なモノを見つけるのは簡単だ。

ホコリをかぶっているモノ

これは長期間使用していない証拠だから、特定の季節だけ使うモノ以外は捨てていい。

必要なモノしか買わない、不要になったモノはすぐ捨てる。

がんばって収入を上げなくても、これをやるだけで収支は劇的に改善できるだろう。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS