早期退職なんてするんじゃなかった、もっと働いておけばよかった

シェアする

スポンサーリンク
山

電気、水道、ガスを止められた、真っ暗な安アパートの部屋に居る。

管理人からは今月中に退去するよう求められている。

冷蔵庫には食べ物はなく、お金もない。

「ああ、早期退職なんてするんじゃなかった。定年まで会社にしがみついて、もっと働いておけばよかった。」

という後悔が頭をよぎり、孤独に餓死する。

会社を退職する前に、こんなシチュエーションを想像したが、このような確率はゼロに近いと判断した。

スポンサーリンク

無一文になる気がしない

今のところ、借金はゼロでリスク資産も多くはない。

支出をコントロールする自信はある。

だから、死亡前に無一文になる確率≒0%

と判断した。

死ぬ前に無一文になる原因は、主に次の3つの場合だと考えている

  • 借金と投資→借金とリスク資産を保有している
  • 無駄な固定費が多い
  • 浪費ぐせ

逆に、これらをつぶしていけば確率をゼロに近づけることができる。

「働けば解決する」と思いがちだが、働きすぎたために上記の3つの状態になる危険性が高くなる。

「会社員」というだけで何千万円もの住宅ローンが組めたり、何枚もクレジットカードが持てる……普通に考えたらおかしいはずなのに。

関連記事:45歳で早期退職して遊びながら月20万円でのんびり生活する

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS