「豊かな老後」のために今を犠牲にするのをやめたかった

早期退職の一番の動機、それが

「豊かな老後」のために今を犠牲にするのをやめたい

だった。

スポンサーリンク

豊かな老後?

「豊かな老後」という言葉で思い浮かぶイメージは、

  • お金に困らず健康に暮らす
  • 年に何回か旅行する

想像力が乏しいので、こんなことくらいだ。

この程度のことを実現するのに「定年まで20年以上も、やりたくないことをやり続ける」というのは、とても受け入れられなかった。

まるで「豊かな老後」を人質に取られているようなものだ。人質を取り返すために「20年以上の黄金の時間」を「身代金」として支払う、こんな不幸があるだろうか。

最近読んだ、染谷昌利『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』の次の文も大いに腑に落ちた。

お金が貯まったら、時間ができたら、今の仕事が一段落ついたら……などの理由で、やりたいことができないと嘆いている人をよく見ます。でもそろそろ、あてのない未来のために、今を犠牲にすることはやめませんか。

昔は良かっただなんて、過去を振り返ってばかりではなく、今、この瞬間を楽しく一生懸命過ごすからこそ、素敵な未来につながるのだと思いましょうよ。

(中略)

嫌なことから逃げないで、なおかつ、本当にやりたいこととも正面から向き合わない人が、今の世の中には、とても多いと感じています。嫌なことからは逃げていいんです。やりたいことを、とことんやればいいのです。

嫌なことを続けていて、あなたは幸せですか。苦しくはありませんか。

染谷昌利『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』(Kindle版)

退職してわかったこと

早期退職してわかったが、嫌なことをしないですむ最もいい方法は「逃げる」ことだ。変化の激しい時代で「逃げる」スキルがない人は……死ぬ。

「逃げる」という言葉をネガティブに捉えているのなら「去る」と言ってもいい。

あやふやな将来のために今を犠牲にしていると感じたら「去る」べきだ。

今を犠牲にして手に入れた「老後」が豊かになるわけがない。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader