日本国債の格付けって投資家から相手にされていない?

シェアする

スポンサーリンク


ムーディーズ:日本国債を「A1」に格下げ-財政に不確実性 (2014.12.2 ブルームバーグ)

というニュースが出て、日本国債10年物の利回りを見ていたら、0.44から0.42に下がっていた(12月2日 21:20現在)。

格付けどおりに国債価格が動くなら、価格が下落して利回りが上がるはず。

2日の日経平均株価の終値も前日比+73.12円の17,663.22円になった。

為替も特に円が暴落した様子はない。

結局、日本国債の格付けって、投資家は誰も参考にしていないの?

※格付けってどのようにされているのか知りたければ、次の本がおすすめ。

高橋洋一:「借金1000兆円」に騙されるな! (小学館101新書)

<参考>
日本国債のCDS保証料 (CJGB1U5:IND JGB CDS USD SR 5Y)

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS