「定年ビンボー度」は20%だった

シェアする

スポンサーリンク


a0002_009480

実例集 こんなに恐ろしい定年ビンボー 退職金なんてあっという間になくなる 離婚は最悪の選択 (2013.12.31 現代ビジネス)

という記事で紹介されていた定年ビンボー度の診断テストをやってみたら、

定年ビンボー度=20%

と診断された。

診断内容は、

油断しなければまず安心。保険やローンなどを点検しておこう

だった。クレジットカードを使っていることが減点対象となった。

面白かったのは診断テストに貯金額の質問がなかったこと。「お金や健康面で節制を心がけているか」が問われている。

本記事の実例は極端かもしれないが、家族が金食い虫だったり、高給取りで退職金がたくさん支給されても生活が派手だったりしたら貯金がいくらあっても定年ビンボーになってしまう。

リタイア生活成功の鍵は、

「貯金が多いことよりも、自己管理がちゃんとできているかどうか」

ということなのかも。

定年まで勤めあげて、満額の退職金と年金があったとしても気が抜けない。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS