2日間無断欠勤して自宅でビクビクしている夢

シェアする

スポンサーリンク
電話オヤジ

会社を辞めてからもう4年近くになるのに、またまた「会社で働いている夢」を見た。

今回は「会社を無断欠勤」した夢だ。

スポンサーリンク

夢の内容

昨日から無断欠勤して家にいる。

会社から怒りの電話がかかってこないか、ビクビクしている。

無断欠勤して2日目だ。

「そろそろ会社に電話をして”詫び”を入れないと大変なことになるな」と思っていると、会社から電話がかかってきた。

電話の向こうで女性が金切り声で怒っている。

どうやら、PCの操作方法がよくわからないようで、PCが自分の思った通りに動かないことにイライラしているようだった。

(´・ω・`)知らんがな。

電話で説明しても埒が明かないので出社することになった。

「出社したら上司や同僚から怒られるだろうな」と覚悟して出社してみると特に誰からも怒られなかった。

ここで目が覚めた。

退職後に感じる罪悪感

今回の夢は最悪だった。

「無断欠勤」という罪悪感を感じさせられたからだ。

とっくの昔に会社を辞めているので、会社に無断で何をしようが自由なのに。

夢の中とはいえ、自由を失うのは大きな損失だ。

あ~、バカバカしい。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS