40歳になってもまだ「働きたい」と思うほうがおかしい

梅

当ブログの検索キーワードをチェックしていたら「40歳 働きたくない」というワードがあった。

40歳で働きたくない

当たり前だ。

40歳にもなって、まだ「働きたい」と思うほうがおかしい

逆に、40歳を過ぎて「働きたくない」と思えれば、それは「チャンス」だ。

スポンサーリンク

「働く」の定義

ここで「働く」というのは、「会社のような”組織”の一員として、割り当てられた業務をこなす」ことと定義する。

組織の中で「働く」のは、けっこう不自由なことが多い。

例えば会社だと、経営者が「やるべきこと」を従業員に割り振っていく。

従業員が個人的に「やりたいこと」は会社ではやらせてもらえない。

会社に入社したばかりの新人や若手の頃は「与えられた業務をこなすのが当たり前」と思って(割りきって)がむしゃらに仕事に没頭する。

40歳で辞めたくなる

でも、40歳にもなると「個人的な欲望=やりたいこと」がふくらんでくる。

もっと自分の時間を増やして、自由自在に、自由裁量でやりたいことをやりたい

しかし、会社にいる限り、やりたいことばかりをやるのは無理だ。

どれだけ管理職で上のランクに行って権限をもらっても、好きなことばかりやらせてはもらえない。

どうなるか。

働きたくない」と思うようになる。

早期退職したくなる。独立したくなる。

だから、40歳を過ぎて「働きたくない」と思えれば、それは「チャンス」なのだ。

※ちなみに、「40歳 働きたくない」でGoogle検索してみると「早期退職した48歳無職の独身女性が月10万円でのんびり生活する」が検索結果の先頭ページに表示されていた(2016.3.2 11:20時点)。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader