EPSONプリンターを6年使ったランニングコストは3万円だった

printer

自宅で6年以上使用しているプリンター(EPSON EP-802A)が寿命っぽい。

なぜなら、インクカートリッジを交換しても、カラー印刷が正常にできないからだ。

買い換えるかどうか迷ったので、プリンターのランニングコストを計算してみた。

計算結果の前に、プリンターの現状を説明したい。

プリンター(EPSON EP-802A)のインクが出ないのは古すぎるインクカートリッジを使っていたから?

スポンサーリンク

カラー印刷ができない

印刷例として、エクセルのファイルを印刷するとこうなってしまう。

20161007_epson1

本当は下図のように印刷してほしかった。

20161007_epson2

先頭行の黄色が出ていないし、グレーの網掛け部分がピンク色になっている。

なんじゃこりゃ??

という印刷結果だ。

白黒印刷なら使えそうだが、カラー印刷は無理みたいだ。

プリンター(EPSON EP-802A)のインクが目詰りする~修理か買い換えか

プリンターのランニングコストを計算してみた

現在使用しているプリンター(EPSON EP-802A)の修理対応期限2016年3月31日で、すでに期限切れとなっている。

つまり、メーカーでは修理できないということ。

カラー印刷以外の機能、つまり白黒印刷、スキャナーは問題なく動作するが、買い換えも視野に入れる。

買い替えを検討するにあたって、当然「ランニングコスト」を計算しなければならない。

現在のプリンターのコストを、家計簿から算出するとこうなった。

本体……16,839円(2010年8月購入)

インク(IC6CL50)……約13,000円(2010年8月~2016年9月の累計)

インク代が約13,000円となっているのは、一部ポイントで購入した分が入っているからだ。

実際に家計簿に載っているインク代は、定価からポイント使用分を引いた値段だ(すべてポイントで購入したインクは、家計簿上は0円で購入したことになっている)。

よって、仮にインクをすべて現金で購入した場合の推計値を13,000円とした。

インクは、エプソンの純正品、リサイクルインク、両方買った。

※※

以上、ざっくりだが、プリンターを6年間使った場合のランニングコストは、約3万円と計算できる。

6年で3万円だから、年間コストは5,000円だ。

カラー印刷を使うのは年賀状か写真印刷くらいだ。

プリンターを買い換えるより、カラー印刷はコンビニでやったほうが安いかも

買い換えるか、やめるか、どうしよう……まだ検討中。

ちなみに買い替えを検討しているプリンターはこれ。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader