Kindle本「無料キャンペーン」の結果と効果

シェアする

スポンサーリンク
mybook3

先日、当ブログのKindle本『40代で早期退職して5年間セミリタイアしてみた』の無料キャンペーンを実施した。

実施期間:2017年9月9日~9月12日(実質3日間)

結論は、無料キャンペーンをやってよかった

以下、説明していく。

スポンサーリンク

既読数が増えた

無料キャンペーンの結果、本書の既読数(KENP)がかなり増えた。

既読数(KENP)とは、「Kindle Unlimited」や「Kindleオーナーライブラリー」で読まれたページ数だ。

わたしの推測だが、無料キャンペーンで本書が「Kindleストアの売れ筋ランキング」の1位に表示されたため、Kindle Unlimitedのダウンロード数が増えたためだ。

20170919_top1

たまに、出版社が「Kindleセール」で安値でKindle本を売る理由は「ランキングの上位に表示される」効果を期待しているのだろう。

既読数(KENP)が増えると、ロイヤリティ(収益)が増えるのでうれしい。

無料キャンペーン後も有料で売れる

無料キャンペーンなんかやってしまったら、その後「有料」で売れなくなるのではないか。

という心配があった。

が、無料キャンペーン終了後も有料で売れている。

「無料キャンペーン後は有料で売れない」とは単なる「杞憂」に過ぎなかった。

ブログのアクセス数への効果

本書は当ブログの電子書籍版だ。

なので、ダウンロード数が増えると「宣伝効果」で当ブログへのアクセス数が増えるのではないか。

という仮説を持った。

が、それほどアクセス数は増えていない。

「本のダウンロード数」と「ブログのアクセス数」はあまり関係がないようだ(笑)。

無料ダウンロード数

無料キャンペーン期間中の本書のダウンロード数は3日間で489だった。

金額に換算すると、950(円/冊) × 489(冊)= 464,550 (円)

46万円あまりの商品をタダで配ったのか……。

ダウンロードしていただいまみなさま、ありがとうございました。

まとめ

本が売れるかどうかは、中身も大事だが売り方(営業や宣伝)も大事なんだということがわかった。

40代で早期退職して5年間セミリタイアしてみた
(2016-12-22)
売り上げランキング: 880
40代で早期退職して自由に生きる
(2016-09-23)
売り上げランキング: 40,734
スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS