働き女子が1,000万円貯めるのに特殊能力はいらない

シェアする

スポンサーリンク
coins

ネットでたまたま『日経ウーマン 2018年3月号』の表紙が目に入った。

1000万円貯まる人の24時間

という文字が表紙に大きく載っていた。

1,000万円貯めるような「働き女子」は、一般人とは違う特殊な24時間を過ごしているのか。

1,000万円貯めるのに、何か特別なことをしないといけないのか。

ぶっちゃけ、1,000万円貯めるには何をしなければならないのか。

本書の表紙から察すると「投資信託を買え」ということになるのだろうか。

違う。

スポンサーリンク

投資より根性で貯めろ

以前書いた記事”「200万円は根性で貯めろ!」と気合を入れられた本”のとおり、1,000万円貯めるのに何か特別なことをする必要はない。

リスキーな投資信託を買う必要もない。

必要なのは根性だ。

わたし個人の経験では、1,000万円までなら銘柄選びやテクニックは関係なく、「貯金したいという意思」があるかどうかで決まると思う。

出典「200万円は根性で貯めろ!」と気合を入れられた本 – SOUTAi 40

投資は貯金の後で

どうしても投資信託を買いたいのなら、「1,000万円貯めるため」ではなく、「1,000万円貯まってから」でも遅くないと思う。

預貯金だけで1,000万円貯めることができれば、それは強い蓄財の意思あり(つまり、根性がある)とみなしていい。

無理のない範囲で収入の一部を貯金にまわしつつ投資の勉強もして、1,000万円貯まってから投資を実践しても決して遅くはない。

「貯金が少ないから株で一発当てて1,000万円を突破するぞーーー!」という「一攫千金思想」は禁物だ。

▼わたしが1,000万円貯めるのに大いに参考になった本(残念ながら2つとも絶版)

はみだし銀行マンの「金持ちになれる人・なれない人」講座
横田 濱夫
講談社
売り上げランキング: 577,913

お金がたまる人たまらない人―なぜあの人はお金がたまるのか
丸田 潔
主婦の友社
売り上げランキング: 463,911
スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS