【Windows10】日本語入力が勝手にMicrosoft IMEに切替わるときの対処法

シェアする

スポンサーリンク

PCで日本語入力しているときに漢字変換しようとした。

あれ、何か「雰囲気」が違う。

変換候補の一覧に、辞書に登録していた言葉が表示されない。

いつもはワープロソフト「一太郎」に付属している「ATOK」を使っている。

なのに、いつの間にか「Microsoft IME」に切り替わってた

日本語入力を「ATOK」に戻しても、しばらくするとまた「Microsoft IME」に変わる。

イラッとした。

ずっと「ATOK」にしておきたいので対処した。

ちなみにPCのOSは「Windows 10」だ。

スポンサーリンク

対処法

具体的な対処法は次のサイトを参照した。

参照Windows10で日本語入力が勝手にIMEに切り替わってしまうのを防ぐ方法 | ウェブジェネ

メニューの「設定」で「地域と言語」で「日本語 Windowsの表示言語」を選択する。

IME 1

オプションを選択する。

IME 21

「キーボード」に表示されている「Micosoft IME」を選択して「削除」ボタンを押す(「削除」しても復活できるので安心してほしい)。

IME 31

これで、勝手に「Micosoft IME」に切り替わることはなくなる。

Microsoft IMEを復活させる方法

「キーボード」から削除した「Micosoft IME」を復活させる方法は次のとおり。

「キーボードの追加」を選択する。

IME 41

「Microsoft IME」を選択する。

IME 51

これで、「キーボード」の一覧に「Microsoft IME」が復活して選択できるようになる。

ATOK (日本語入力システム)
JustSystems Corporation (2018-03-15)
売り上げランキング: 3
スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS