われながら「うまい!」と感じたスーパーでの小銭の出し方

シェアする

スポンサーリンク
おつり

現金しか使えないスーパーで買い物をした。

おつりをもらうときは、受け取る硬貨の数を少なくしたい。

買い物の合計金額は2,073円だった。

財布の中には1万円札と小銭しかなかった。

小銭が73円あれば10,073円わたして、おつりは8,000円ジャストで小銭はなし。

というのがスマートな方法だ。

が、そのとき小銭の持ち合わせがなく、73円を出せなかった。

スポンサーリンク

釣り銭の硬貨が増えないようにしたい

10,073円を出せないから、10,003円にしようかと思った。

ただ、10,003円だと、おつりは7,930円になってしまう。

100円硬貨9枚に10円硬貨3枚、おつりの硬貨数が12枚になってしまう。

そこで、「10,073円が無理なら、10,173円出してみよう」ととっさに思った。

レジの前では計算する余裕はないから、直感的に感じた。

おつりの硬貨数が75%減

会計が2,073円で10,103円出したので、おつりは8,030円だ。

つまり10円硬貨3枚だけ。

10,003円を出す場合に比べて、おつりの硬貨の数が12枚から3枚に減った。

75%の減少達成だ。

そのときのレシートがコレ。

レシート

PS. 金額の数字の誤りを下記のとおりtwitterでご指摘いただきましたので修正しました。RUSYA-NYANさん、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS