会社を休んだ日の夕方に「無断欠勤状態」であるのに気づいて焦った夢

シェアする

スポンサーリンク
nightmare

久しぶりに「会社関係の夢」を見た。

それまでよく見ていた「会社で働いている夢」ではなく、「会社を休んだ夢」だ。

「休んだ夢」だから働いてないだけマシ、とはいかなかった。

けっこう焦った。

夢の内容はこんな感じ。

スポンサーリンク

夢の内容

とある朝、目が覚めた。

起きてはみたが「会社に行きたくない」という気持ちが心を支配していた。

「会社に行かなければ」と思うだけで体調が悪くなってきたので、「体調不良」で会社を休むことにした。

いつの間にか、夕方になっていた。

大変なことに気づいた。

会社を休むことを上司に連絡してなかったのだ!

つまり「無断欠勤」の状態なのだ。

会社に連絡できない!

あわてて、携帯から会社に電話をかけようとした。

が、携帯の電話帳には上司はおろか、同僚の番号も登録されてない。

これでは会社に連絡ができない!

焦った。

どうしよう。

が、重要なことに気づいた。

あれ、もう退職しているのに、なんで上司に連絡しないといけないの?

ここで目が覚めた。

誰にも断らずに心ゆくまで休める現実に戻ってきた。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS