強制参加の忘年会に出たくないから会社を辞めた

シェアする

スポンサーリンク
beer

サラリーマン時代は、毎年12月上旬頃は憂鬱だった。

理由はもちろん「強制参加の忘年会」だ。

出席予定にしていると、当日が近づくにつれて憂鬱になってきた。

欠席予定だと、「当日はどうやって”欠席者”と思われずに目立たずに退社するか」を考えるのが憂鬱だった。

大げさかもしれないが「忘年会に出たくないから会社を辞めた」と思っているほどだ。

スポンサーリンク

なぜ忘年会がイヤか

なぜ忘年会に出たくないのか。

大きな理由は3つある。

  • 時間がもったいない
  • 話すことがない
  • 師走の寒い夜は仕事が終わったら自宅に直行したい

どれも忘年会に出たくない正当な理由だ。

忘年会がイヤなら出なければいい?

ネットで「忘年会がイヤなら欠席すればいい」という意見をたまに目にする。

もし、わたしが「堂々と強制参加の忘年会を欠席できる」ほど図太い神経を持っていたら、早期退職しなかったかも。

「忘年会程度」のことで悩むような性格だからサラリーマンが長続きしなかったと思っている。

退職後の師走は晴れやか気分

40代前半でサラリーマンを早期リタイアして、以降の「強制参加の忘年会がない師走」はずっと晴れやかな気分だ。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS