早期退職した2011年の平均寿命は79歳だったが今は「人生100年」

シェアする

スポンサーリンク
電卓

2021年でわたしは「セミリタイア生活10年」だ。

会社を40代前半で早期退職した10年前(2011年)の平均寿命を調べてみた。

日本人男性の平均寿命は79.44歳だった。

参照女性の平均寿命、世界2位に後退 11年85.90歳(2012.7.26 日本経済新聞)

短かっ!

2011年は「東日本大震災」という日本人の平均寿命を縮める要因があった。

上記記事によると、東日本大震災がなかったと仮定した場合の2011年の平均寿命は、女性が86.24歳、男性が79.70歳だそうだ。

スポンサーリンク

人生80年ならセミリタイアは楽勝?

わたしが「早期退職&セミリタイア」を真剣に考えたときは、当然ながら「平均寿命」を大いに参考にした。

つまり「80歳まで貯金が持てばOK」と考えていた。

退職した当時は「人生80年」だった。

貯金額と平均寿命(79歳)から「セミリタイア可能」と判断して2011年に早期退職した。

2021年は「人生100年」

早期退職してから約10年経過した現在(2021年)は、「人生100年」と言われている。

わたしはアラフィフだから、100歳まで生きる可能性は低いと考えているが、ゼロではない。

90代まで生きる可能性は大いにあると考えている。

つまり、早期退職時に想定していた寿命が10年以上延びている

ちなみに、直近(令和元年(2019年))の平均寿命は男性81.41歳、女性87.45歳だ。

参照令和元年簡易生命表の概況(厚生労働省)

平均寿命の数字だけ見ると男性でやっと80歳を超えた程度だ。

が、2021年の今は「逃げ切り計算機」でシミュレーションするときは10年前のように「80歳まで貯金が持てばいい」なんて、全然思えない。

80歳で貯金がゼロになっても、残りの人生は年金のみで生活しようと思えばできるが、とても安心できない。

今、セミリタイアを考えている人は100歳まで生きることを前提に資金シミュレーションをした方がいい。

※上記は2021年6月17日現在の情報です。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS