自転車のタイヤの空気が抜けていた原因は虫ゴム劣化

シェアする

スポンサーリンク
自転車

先日の朝、自転車に乗ろうとしたら前輪のタイヤの空気が抜けていた。

空気を入れたばかりなのになぜ?

パンクかと思ったが、原因は「虫ゴムの劣化」だった。

虫ゴムが破れていた。

破れた箇所から空気が抜けたのだろう。

スポンサーリンク

虫ゴム交換

幸い、虫ゴムが家にあったので交換した。

交換方法は虫ゴムについていた次の説明書を参照した。

虫ゴム交換

虫ゴムを交換して数時間後にタイヤをチェックして、空気が抜けていないことを確認した。

とりあえず一件落着。

虫ゴム交換の動画もある

上記のような説明書がなくても、今はYouTube等の動画で虫ゴム交換の方法をすぐに確認できる。

いい時代になった。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS