セミリタイア中のわたしがFIREできているか検証

シェアする

スポンサーリンク
Can you FIRE?

「お金を味方につける」ための19の知恵。父は娘にこれだけ教えよ(2020.11.12 Forbes JAPAN)

という記事を読んだ。

今流行の「FIRE」の定義を調べていてたどりついた記事だ。

そもそも「FIRE」とは何か?

わたしは「FIRE」できているのか?

上記記事によると、

「Financial Independence, Retire Early」の略語で、若いうちに経済的自由を獲得して、早期リタイアを実現しようというもの。

もっと具体的な定義はないか。

スポンサーリンク

投資額の4%で暮らす

記事の後半で、

投資額の4%で1年を暮らせれば、経済的に自立しているといえる。

とあった。

「投資利回り = 年4%」をキープできて、「年間支出額」が「配当金や含み益による資産増加」よりも少なければ貯蓄を減らさずに生活できる。

「貯蓄が減っていく恐怖」を感じることなく快適な生活が送れるから「経済的に自立している」といえる。

セミリタイア中の年平均利回り

わたしのセミリタイア生活(2012~2020年)の年平均利回りを計算してみた。

40代前半で会社を早期退職した2011年の年末時点の純金融資産を100とする。

直近の2020年度末は139だった。

セミリタイア生活の年数は「2012~2020年」で9年だから、わたしのセミリタイア中の年平均利回りは、

{(139 – 100) ÷ 100} ÷ 9 = 0.0433…

だから、約年4.3%だ。

参照年平均利回りとは(iFinance「金融経済用語集」)

FIREできているか判定

セミリタイア9年間の年間支出を調べると、貯蓄額の2%前後の年度がほとんどだ。

1年だけ4%近い年があったが、支出が貯蓄額の4%を超えた年度はない

なので、「早期退職以降、FIREを実践できている」と言える。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS