阪神がヤクルトに逆転優勝できる条件(2021年10月25日現在)

シェアする

スポンサーリンク
baseball

2021年10月25日時点で、阪神がヤクルトに逆転優勝できる条件を計算してみた。

阪神は残り1試合。

ヤクルトは残り3試合だ。

万が一(?)、阪神が最終試合に負けたとしてもまだ望みがある。

ただ、最終試合は「投手の温存」を考えなくていいから「総動員」できる。

敗戦の確率は低くなると考えられる。

スポンサーリンク

阪神が最終試合で勝った場合

阪神が最終試合で勝った場合、阪神が優勝するためのヤクルトの残り試合の勝敗パターンは次のとおり。

1勝2敗
0勝1敗2分
0勝2敗1分
0勝3敗

ヤクルトはマジック2なので2勝すれば文句なしに優勝だが、「1勝2分」「1勝1敗1分」「0勝3分」でも優勝だ。

阪神が最終試合で引き分けた場合

阪神が最終試合で引き分けた場合、ヤクルトの勝敗パターンは次のとおり。

0勝2敗1分
0勝3敗

阪神が最終試合で負けた場合

阪神が最終試合で敗戦となっても、ヤクルトが残り試合全敗の場合、つまり、

0勝3敗

となると、勝率で阪神が上回って優勝!

【2021年10月26日 21:25追記】
10月26日の試合で阪神は負けてヤクルトは勝利して、ヤクルトの優勝が決まった。

優勝おめでとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS