早期退職した48歳無職の独身女性が月10万円でのんびり生活する

シェアする

スポンサーリンク
woman

働かないの―れんげ荘物語』(群ようこ著)を読んだ。

東京の大手広告代理店に勤務していた45歳の独身女性「キョウコ」が早期退職して安アパート「れんげ荘」で貯金取り崩し生活をする物語『れんげ荘』(群ようこ著 角川春樹事務所 2009)の続編だ。

48歳になったキョウコはまだ「月10万円の貯金取崩し無職生活」を続けていた。

四十八歳になったキョウコは、まだれんげ荘に住んでいた。他に引っ越すあてもないし、積極的に引っ越し先を探しもしなかった。貯金生活者というと、巨額の預金があるように聞こえるが、実態は月々十万円しか生活費が使えない、綱渡りの生活である。しかしキョウコはそれが楽しかった。

p.3 冒頭

スポンサーリンク

無職で無収入になるけど、人生が楽しい

そう、確かにサラリーマンを退職してセミリタイア生活になると使えるお金は減るが、「楽しい」のだ。

サラリーマンをやっていては絶対味わえない、GWや盆暮れでちょっと「長期連休」しただけでは味わえない楽しさがある。

自分は人生に対して気楽になろうとして、会社をやめる決意も、再就職をしない決意もしたのだから、あれこれ気になるのだったら、定収入を得られるように働けばいいのだ。気持ちが揺らいでいる自分が情けなくなってきて、キョウコは二階の窓から見える隣家の庭木を見ながら、あれこれ考えるのはやめたくなった。

p.149


楽しい無職生活を送っているように見えて「こんなことをしていて大丈夫だろうか?」という不安が見え隠れする。

「あれこれ考えるのはやめたくなった」だから、彼女の本音は「働きたくないの」だ。

無職で不安を感じるなら

リタイアして、貯金不足で将来に不安を感じているのなら「働いて定収入を得る」のが一番手っ取り早い不安解消法だ(でも「働きたくない」んでしょう?)。

早期リタイア生活ってどんな日常なのか、どうやって人生を楽しみ、何を悩むのか、覗いてみたい人は一読の価値がある。

本書は『れんげ荘』の続編だが、前編を読まなくても十分楽しめる。しかし、高給取りの大手広告代理店を辞めてから貯金生活をする経緯を詳しく知りたければ、前編を読んでください。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS