お金と恋人は独占できない

シェアする

スポンサーリンク


a1180_012670

文章力を上げたいために、山田ズーニー『おとなの小論文教室。』(河出書房新社 2009) を読んでみた。

タイトルから想像するに、小論文の書き方が書いてあって、ブログ記事を書くときにも勉強になるかなと思って読んだ。

しかし、一番心に残ったのは、恋人を独占欲しようとして失恋した女性が著者に送った相談メールと、著者の返信メールに書いてあった次の一節。

独占欲から出た愛はエゴイズムです。

これは愛とはいえません。

愛するものを手放しなさい。

もし、その人が戻ってこなければ、

初めからあなたのものではなかったのです。

しかし、戻ってくれば初めからあなたのものだったのです。

(バレンタイン・デ・スーザ『そよ風のように生きる―旅ゆくあなたへ』(女子パウロ会 1991))


いきなり下世話になるが、「お金も同じなのではないか」と思った。

将来不安から貯めこむばかりではいけない。

使うべき時が来れば思い切って手放す。

返ってこなければ、そのお金は元々のわたしのものではなかったのだ、と割り切る。

今お金を手放しても、将来仲間をたくさん連れて戻ってくると思えば手放せるし、今手放したら二度と戻ってこないと思ったら必死に貯め込もうとする。

<参考サイト>
大人の小論文教室。Lesson28 独占欲ってなんですか?-読者と山田の往復メール2 (ほぼ日刊イトイ新聞)

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS