新入社員の頃に読んで仕事以上に学べた1冊

シェアする

スポンサーリンク

新卒で就職した頃に読んで「よかった!」と思えた1冊は、

城山三郎『打たれ強く生きる』(新潮文庫 1989)

だった。本書は単行本として1985年に出ているので、30年以上売れ続けているロングセラーだ。

わたしは大学卒業間近に買って、入社前後に読んだ。

タイトルから「職場で理不尽な仕打ちを受けても耐えてがんばれ!」という本であるような印象を受けるが、そうではない。

確かに、本書には「職場で理不尽な仕打ち」を受けた人の実例がたくさんでてくる。

希望部署に配属されない
仕事のやりかたがわからないのにプライドが邪魔して訊けない
仕事で大失敗
大病で職場離脱
いいモノを作ってもお客さんが振り向いてくれない
左遷
子会社の子会社へ出向

などなど。

サラリーマンが経験する可能性がある「挫折」のほぼすべてが本書に詰まっている。

もちろん、本書を読んでよかったと思えたのは「挫折から立ち直る方法」が書いてあったからだ。

「打たれ強い」というのは「我慢する」「耐える」ではなく「立ち直る」ことなのだ

本書の中で、わたしが一番好きなのは「おれたちは歩こう」というエピソード。

※※

過労がたたって失明してしまった男をなぐさめるため、仲間が集まった。

会が終わって飲み歩いた後、彼らが帰宅のバスに乗ろうとすると、大勢のバス待ちの客が殺到して、盲目の男は突き飛ばされ、転倒しそうになった。

仲間のうちの兄貴分が、転倒しそうになった目の見えない彼を助けてこう言った。

「おれたちは歩こう」

いま日本中の者がおくれまいと先を争ってバスに乗っとる。無理して乗るほどのことでもあるまい。おれたちは歩こう。君もだんだんと目が悪くなっているようだが、万一のことがあっても、決して乗りおくれまいと焦ってはならんぞ


※※

「おくれをとりたくない」、という理由だけで焦って無理をしてはいけない。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS