外国人が作っていく日本株&不動産バブル?


a1640_000307

先日、4月10日は「一瞬だけ日経平均2万円台到達」で、証券会社のオフィスで歓声がわいたり、「大入り袋」を配っているところがニュースで流れていた。

わたしもメールで、

【998407】日経平均株価の株価が20,003.35円になりました。

という件名のメールを「Yahoo!ファイナンス」から受信した時、「おお、やっとたどり着いたか」と思った。

1年前の記事だが、日本の株式市場に占める外国人投資家の割合は6割らしい。

参照:外国人投資家、日本の株式市場のシェア6割 (2014.6.15 日本経済新聞)

ということは、日本人が株高で浮かれているのではなく、浮かれている(?)過半数は「外国人」ということになる。

不動産に関しては、最近こんなツイートがあった。

不動産価格が上昇している原因は「訪日外国人の増加」ということになる。

不動産価格にも「外国人」が関わっていることになる。

1980年代の不動産バブル・株式バブルのときは「日本人が浮かれている」という印象を持っていたが、今回は外国人が株や不動産の資産価格上昇を演出しているようだ。

日本人だけが浮かれているわけではない、たぶん。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader