「やる気」を確実に科学的に出す方法

シェアする

スポンサーリンク
眠い猫

「やる気」が出ないときに「気合い」や「精神論」で「やる気」を出そうとしても出ない。

そんなときにどうすれば「やる気」が出るのか。

のうだま―やる気の秘密』(上大岡トメ・池谷裕二  (著),幻冬舎,2008)を読んで学んだ。

「やる気」の出し方は脳科学の知見で明らかになっているのだ。

本書を読めば「やる気」を出したいときにいつでも出せる?!

スポンサーリンク

三日坊主は「脳の仕様」

そもそもなぜ「やる気」が出ないのか?

出ても続かないのか?

それは、脳が「三日坊主」になるようにできているからだ。

脳は、どんなに楽しいことであっても「飽き」を感じるような作りになっているのだ。

だから、「三日坊主」は性格ではなく「人間の脳の仕様」だったのだ。

なので「三日坊主」な自分を責めても意味がない。

では、どうすれば「飽き」を感じないように「習慣化」できるか?

例えば「努力」を「習慣化」して「大きな結果」につなげるにはどうすればいいか

詳細は本書を参照してほしい。

「やる気」を起動させる4つのスイッチ

人間が「やる気」になっているとき、脳内では何が起こっているのか。

脳にある「淡蒼球(たんそうきゅう)」という部分が活性化しているという。

どうやって淡蒼球を活性化させればいいか?

残念なことにこの淡蒼球、人間の意思では動かせないそうだ。

しかし、淡蒼球を起動させるためのスイッチが4つあるので、スイッチをONにすることで「やる気」が出る。

  • スイッチB(Body)……カラダを動かす
  • スイッチE(Experience)……いつもと違うことをする
  • スイッチR(Reward)……ごほうびを与える
  • スイッチI(Ideomotor)……なりきる

それぞれのスイッチの詳細は本書を参照してほしいが、「スイッチR」の「ごほうび」とは一般的には「ほしいけど高価で買えないモノ」をイメージすると思う。

が、実は「ごほうび」とは「現状とゴールの差」なのだ。

ごほうび、というのは現状とゴールの差なんです!この差を乗り越えたとき、快感が得られるんです!

p.82

本書を読んで、科学的に簡単確実に「やる気」が出せそう。

▼文庫版

▼続編

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS