お金で失敗して仕事と信用を失って恋人と心中

シェアする

スポンサーリンク
そろばん

近松門左衛門の『曾根崎心中』を遅ればせながら読んだ。

久しぶりにハマった物語だ。

何回も読み直した。

読んだ本は『曾根崎心中 冥途の飛脚 心中天の網島 現代語訳付き』( 諏訪 春雄(訳注), 角川ソフィア文庫, 2007)だ。

江戸時代の大坂にある商家で「中間管理職」として勤めていた徳兵衛(25歳)が、恋人のお初(19歳)と心中した。

原因は「お金」だ。

スポンサーリンク

「中間管理職」徳兵衛の逆玉

徳兵衛は叔父が経営する醤油屋「平野屋」に手代てだいとして勤務していた。

「手代」とは番頭と丁稚でっちの中間の役職だ。

今で言えばプレイングマネージャー的な管理職だ。

部下の丁稚のマネージメントをしながら現場で実務もこなす。

恋人のお初は茶屋の天満屋で遊女をしている。

ある日、徳兵衛に縁談が持ち上がった。

相手は勤務先の平野屋の主人の姪だ。

地位と財産があっても妻に頭が上がらない人生はイヤ

今で言えば勤務先の社長の親戚と結婚するようなものだ。

サラリーマンの徳兵衛にとってはいい縁談だ。

もし結婚できたら、将来の出世と財産が約束される。

しかし、彼は恋人のお初がいるから縁談を断る。

断ったもう一つの理由は「妻に頭が上がらなくなるから」だった。

社長の姪と結婚して「出世と財産」を妻に依存するようになると、この先ずっと妻に頭が上がらなくなる。

「一生妻の機嫌をとり続ける人生はイヤ」だというのだ。

一生女房の機嫌取り此の徳兵衛が立つものか。

江戸時代、大坂の商家の妻(当主の妻)は御寮様ごりょうはんと呼ばれ、かなり強い権力を持っていた。

商家の経営や人事にも介入できた。

もし結婚したら彼は養子になるから頭が上がらないどころか、仕事でもプライベートでも何の権限もない、かなり屈辱的な人生になったかも。

徳兵衛は「”エリートサラリーマンなのにヒモ”、みたいな人生は送りたくない」と拒絶したのだ。

人生の詰み

縁談は徳兵衛の知らないところで、叔父夫婦と徳兵衛の義母との間ですすんでいた。

すでに叔父は徳兵衛の義母に「持参金」を支払っていた。

現代の貨幣価値で数百万円のお金だ。

徳兵衛の「縁談拒絶」を聞いて、叔父夫婦は激怒する。

彼に解雇を通告し「持参金を返せ」と言う。

なんとか持参金は義母から取り返したが、取り返した持参金を友人の九平次に貸してしまう。

これが徳兵衛とお初の命取りとなる。

仕事を失った上に借金のトラブルで信用とお金を失い、心中へ。

大坂は商売の町。

お金と仕事と信用を失えば人生終わり。

「昨日今日まで”心中”なんか他人事だと思ってたのに、まさか自分が……」というお初のセリフが印象に残った。

詳しいストーリーは本書で楽しんでほしい。

関連書籍

古典が苦手なら『週刊誌記者 近松門左衛門 最新現代語訳で読む「曽根崎心中」「女殺油地獄」』(文春新書)から読んでもいい。現代語訳と詳しい解説がある。

『曾根崎心中』にハマってしまって、角田光代版の小説も読んでしまった。

▼『曾根崎心中』の本を読む時間がないときは解説動画をどうぞ。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS