早期リタイアを本気で考え始めた貯金額は3,000万円

シェアする

スポンサーリンク
money

「会社を辞めたい!」

と思うことはサラリーマンなら何百万回もある。

しかし、実行に移す人はごく少数だろう。

理由のほとんどは「お金がないから」だと思う。

「収入が途絶えると生活が苦しくなりそう」と妄想するからだ。

では、実際にいくらあれば「本気で」退職して早期リタイア生活に入ろうと考えるだろうか。

スポンサーリンク

3,000万円

わたしが本気で「早期リタイア」を考え始めたのは貯金が3,000万円くらいのときだった。

「3,000万円あれば絶対大丈夫」という自信があったからではなかった。

「低コスト生活できる」という自信だった。

無駄遣いせず、コツコツと3,000万円貯金できたのだから、会社を辞めても低コスト生活できるだろう」と思ったからだ。

ただ、3,000万円は「完全リタイア」するにはあまりにも少なすぎる。

退職後も何か仕事をして収入源を確保しなければならない。

会社を退職後は何をするか?

わからない

結局、会社を退職して何をするか「わからない」まま退職した(笑)。

今はブログ等で幾ばくかの収入があるが、退職した時点ではブログはやっていなかった(ブログを開設したのは退職して数ヶ月たってから)。

ブログが収入源になったのは「たまたま」「成り行き」だった。

戦略や計画があったわけではない。

早期リタイアに莫大な貯金は必要か?

早期リタイアするには「莫大な貯金」が必要か?

「退職後は収入ゼロ」を想定するなら億単位の資金が必要かもしれない。

しかし、わたしのように無計画で早期退職しても何らかの収入源を確保できる時代になった。

端末とインターネットがあればそれほど貯金がなくても生計を立てられる

もちろん正社員や公務員に比べると安定度はゼロだが。

まあ、「安定」にこだわるなら早期リタイアなんて考えないと思うけど。

48歳で貯金3000万円なら余裕でセミリタイア生活が送れる
当ブログの読者の方からメールをいただいた。 「48歳で貯金3000万円だけど、リタイアが可能か?」 というお尋ねだった。 ...
スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS