【確定申告】セミリタイア中の所得控除【2017年度】

シェアする

スポンサーリンク
income tax

2月だ。

確定申告の準備を始めている。

確定申告と言えば「所得控除」だ。

今回の確定申告(平成29(2017)年度)の主な所得控除は次のとおり。

  • 国民年金保険料
  • 国民年金基金
  • 確定拠出年金
  • 小規模企業共済
  • 寄付金控除
  • 青色申告


各控除の内容について説明する。

スポンサーリンク

国民年金保険料

わたしの場合、国民年金保険料は2年前納している。

前回払った国民年金保険料のうち、平成29年分の保険料(12ヵ月分)が所得から控除される。

参照2年前納された国民年金保険料の社会保険料控除について|国税庁

国民年金基金

国民年金基金も所得控除できる。

平成29年に支払った金額が全額所得控除される。

予定利率は1.5%だが、積み立てた分が年金として支給されるだけなのでインフレに弱い。

老後に大きなインフレにならないことを祈るばかりだ。

確定拠出年金

確定拠出年金では、外国株のインデックスファンドを積み立て投資している。

参照SBIアセットマネジメント EXE-i(エグゼアイ)|EXE-i 先進国株式ファンド

平成29年に積み立てた分が所得控除される。

確定拠出年金のメリットは、損失が出ても所得控除という「援護射撃」があるという点だ。

小規模企業共済

昨年(平成29年(2017年))に小規模企業共済に加入した。

参照小規模企業共済に正式加入した【年利1.0%】 – SOUTAi 40

ブロガーの「退職金」として積み立てていくお金だ。

予定利率は1.0%。

積み立てた金額は「全額所得控除」される。

寄付金控除

ささやかながら、出身大学に寄付した。

寄付金から2,000円差し引いた額が「寄付金控除」として所得から控除される。

ただし、控除額の上限は総所得額の40%相当額だ。

例えば、年収1億円で5,000万円寄付しても、控除されるのは4,000万円くらいまで。

参照No.1150 一定の寄附金を支払ったとき(寄附金控除)|所得税|国税庁

青色申告

今回の確定申告から青色申告するので、所得から65万円が控除される予定だ。

青色申告のため「MFクラウド確定申告」を使って複式簿記で帳簿づけしている。

「MFクラウド確定申告」は年会費が8,800円だが、所得控除が65万円なので十分回収できる。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS