書店で見つけた「気になる本」を何の抵抗もなく即時に買う方法

シェアする

スポンサーリンク
読書美女

読書は好きだが、最大の課題がある。

それは、書店で見つけた「気になる本」を買うかどうか、長時間迷うことだ。

さんざん迷ったあげく、買わずに帰宅することも多い。

なので、先日次のようにツイートした。

スポンサーリンク

本よりもカネ?

カネ遣いという教養』(藤原 敬之(著), 新潮新書, 2013)によると、「本は書店で見つけたときに買う」のが基本のようだ。

現金(カネ)で持っているよりも本を買って「教養」に変えた方がいいのはわかっている。

が、わたしはできてない。

まだまだ本よりもカネへの執着が強いからかも。

理想的な紙書籍の買い方

わたしが「理想的な本(紙書籍)の買い方」と思っているのが『新書がベスト ――10冊で思考が、100冊で生き方が変わる』(小飼 弾(著), KKベストセラーズ・ベスト新書, 2010)で紹介されていた「新書の買い方」だ。

読書で教養を身につけるには「偏った読書」を避け「幅広い分野の本を読む」ことだ。

つまり自分の好きな分野の本だけでなく、幅広く読む。

そのため、リアル店舗で次のように「大人買い」で本を買う。

新書コーナーがが充実している(リアルの)書店に行って、そこにある新書を「選ばず」「適当に」、まとめ買いしてください。100冊ではちょっと少ないですね。

複数レーベルを混在させる必要もありません。老舗レーベルなら100冊以上は優に揃っていますから、棚からごっそり取り出して、レジに持っていきます。

p. 36

なるほど。

本を買うかどうか迷うのはカネへの執着というより「本を選ぼうとしていたから」なのか。

本を選ばず、書店の棚から特定の出版社の新書をごっそりと100冊以上抜き出してカゴに入れてレジに持っていく!

新書が1冊800~1,000円として、100冊買っても8万~10万円だから安い買い物だ。

書店ではかなり「目立つ行動」だが、爽快だろうな。

まとめ

書店は本を選ぶ所ではなく買う所。

と達観できれば迷うことはなくなる。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS