固定電話料金(NTT西)の請求方法が2018年11月から「2ヶ月分合算」に変更になる

シェアする

スポンサーリンク

2018年11月は固定電話(NTT)の請求が来なかった。

通常は毎月下旬に来るのに。

なぜ?

と疑問に思ったので調べてみた。

2018年(平成30年)11月から、請求方法が変更になったようだ。

参照ご利用料金が5,000円(税込)未満の場合の翌月合算について(NTT西日本)

スポンサーリンク

請求方法の変更内容

奇数月の電話料金が5,000円未満(税込)だと、偶数月に2ヶ月分が合算されて請求されるようだ。

現在お客さまにご利用いただいております、加入電話(電話サービス)およびフレッツ光(FTTHアクセスサービス)等のご請求につきまして、平成30年11月のご請求分より、奇数請求月(1・3・5・7・9・11月)のご請求額が5,000円(税込)未満の場合は、翌月の偶数月(2・4・6・8・10・12月)に2ヵ月分まとめてご請求させていただきます。

出典ご利用料金が5,000円(税込)未満の場合の翌月合算について(NTT西日本)

いつも毎月来る請求が来ないと不安になる

わたしの場合、2018年11月の電話料金は税込みで5,000円未満だった。

だから、2018年12月に「11月と12月の電話料金」がまとめて請求されるようだ。

いつもは毎月請求が来るのに、2018年11月は来なかった。

「あれ、おかしいな」と少し不安になったが、原因がわかったので一件落着。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS