新元号「令和」の出典は梅を見ながら飲んでる場面

シェアする

スポンサーリンク
梅@大阪城2018

新元号「令和」の出典『万葉集』関連の本が売り切れているそうで、びっくりした。

参照「令和」発表で『万葉集』書籍が売り切れ&緊急重版 出版業界に早くも“特需”(オリコン)(2019.4.1 Yahoo!ニュース)

万葉集好きとしては、関心が集まるのはうれしい。

元号はムダという意見もあるが、思わぬ特需を生んだりしてビジネスになるんだな。

Amazonでわたしが持っている講談社文庫の『万葉集 全訳注原文付(一)』を調べてみたら、「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」となっていた(2019.4.2 13:07時点)。

Kindle版があるから端末があればすぐに入手できる。

ちなみに本書の訳注者は「令和」の考案者じゃないかと言われている。

参照「令和」考案者は中西進氏か 万葉集の専門家(共同通信)(2019.4.1 Yahoo!ニュース)

ホンマカイナ。

スポンサーリンク

出典は飲み会?

運良く(?)講談社文庫の『万葉集 全訳注原文付(一)』を入手できたみなさま、新元号「令和」の出典はp. 377です。

場所は現在の福岡にあった太宰府の長官大友旅人(おおとものたびと)の邸宅。

「新春の月(何をするにもよい月)、空気はおいしく風は(やわら)かい」というまったりとした梅がきれいな日に、宴会を開いて、酒を飲みながら「梅」をお題に和歌を詠んでいる。

要するに、「梅を見ながら飲んでいる」の場面を新元号の出典としてる。

それほどまでに、日本人は飲み会が好きということか(笑)。

初めての国書

今までの元号は中国の古典が引用元となっていた。

「平成」は司馬遷の『史記』などから引用したらしい(『デジタル大辞泉』より)。

今回はじめて日本の古典である『万葉集』から引用した。

894年に菅原道真が遣唐使を廃止して以来の「事件」だ。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS