「孤独なセミリタイア」の方がお金に困らない健康的な生活ができる?

シェアする

スポンサーリンク
coffee

先日、こんなツイートを見つけた。

ツイートで紹介されていた本『孤独こそ最高の老後』の帯に惹かれた。

孤独のメリット」が列挙されていたからだ。

引用する。

スポンサーリンク

孤独ってこんなに自由で楽しい

  • 「適度な緊張感が出て、病気にかかりにくくなった」
  • 「お金が自由に使える。家族にあげなくていい」
  • 「趣味に没頭できる! 無理に妻と一緒にいないほうがいい」
  • 「終活って、ひとりだとこんなにスムーズにできるんだ」

ひとつめの「適度な緊張感が出て、病気にかかりにくくなった」の「適度な緊張感」はわかる。

ひとりぐらしで病気になると面倒だ。

なので「簡単に病気になれない!」という気持ちが大きくなり、健康に留意するようになるのだろう。

好きにお金を使える自由

ふたつめの「お金が自由に使える」は孤独の最大のメリットだ。

「真の自由」とは「他人に気兼ねせずお金を自由に使える」ことだ。

三番目の「無理に妻と一緒にいない方がいい」というのはよくわからない(おひとりさまなので)。

「妻と一緒にいるのが苦痛」ということは「離婚したいけどできない」ということ?

お気の毒に……。

四番目の「終活って、ひとりだとこんなにスムーズにできるんだ」は「お金が自由に使える」と同じで家族と利害調整する必要がないからスムーズに進むのだろう。

本書は「おひとりさま老後」について語っているようだが「おひとりさまセミリタイア」でも使えそう。

いずれ読んでみたい。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS