個人向け国債の利息計算を間違った

シェアする

スポンサーリンク
電卓とOL

先日、個人向け国債(10年変動・第110回)の利息が振り込まれた。

が、何だか金額が少なく感じた

利息計算が間違ってる?

元本は100万円だ。

最近の金利は最低の0.05%(税引前)が続いている。

なので、利息は250円(税引前)だ……と思っていた。

なのに、今回の利息は247円(税引前)となっている。

3円少ないのはなぜ?

証券会社に問い合わせてみた。

スポンサーリンク

回答に納得

翌日、証券会社から回答が来て納得した。

個人向け国債の利息は年2回支払われる。

なので、1回の支払は年利の半額だ。

が、今回は国債の発行日から利払日まで半年未満(181日)だった。

なので、利息は、

100 万円 × 0.05 % ÷ 365 日 × 181 日 = 247 円

となる。

次回の利息は多い?

今回は半年未満の181日で利払日がやってきた。

とうことは、次回の利払日までに184日ある?

次回は(もし金利が0.05%なら)3円分多い253円となるのか?

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS