e-Taxで確定申告データ送信後に誤りに気づいたときの訂正法

シェアする

スポンサーリンク
PC

e-Taxで令和元年度(2019年度)の確定申告を提出した。

データ送信後、入力の誤りに気づいた。

どうしよう。

調べてみると、確定申告データ送信後でも簡単に訂正できることがわかった。

スポンサーリンク

確定申告の訂正法

具体的な訂正法は国税庁HPにあった。

参照当初、提出した申告データに誤りがあり、訂正したいのですがどうすればいいですか。(国税庁 e-Tax)

e-Taxのサイトで訂正後、再度データ送信すればいい。

書面提出でも訂正が可能なようだが、e-Taxで自宅で訂正できるのだから、PCが故障でもしない限りわざわざ書面で訂正する必要はないだろう。

手書きやプリンタに印刷して提出するのに比べ、e-Taxで提出すると何回でも訂正できる

これは大きなメリットだ。

e-Taxでの訂正は申告期限内に

ただし、データ送信後の誤りをe-Taxの再送信で訂正できるのは確定申告の申告期限内だ。

申告期限後に誤りに気づいた場合の訂正法は税務署に尋ねるしかないようだ。

申告期限経過後に誤りにお気づきになられた場合の手続方法については、最寄りの税務署へお尋ねください。

出典当初、提出した申告データに誤りがあり、訂正したいのですがどうすればいいですか。(国税庁 e-Tax)

参照税務署の所在地などを知りたい方(国税庁)

※上記は2020年2月21日時点の情報です。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS