コロナ禍の2020年4月は40万円以上の大きな出費(納税)

シェアする

スポンサーリンク
1万円札

新型コロナ禍の2020年4月は、大きな出費が2つある。

  • 国民健康保険料
  • 国民健康保険料(2年前納)

だ。

合計すると、40万円を超える

スポンサーリンク

10万円はもらえそうだが

新型コロナの現金給付はすったもんだの挙げ句、1人10万円となった。

もしもらえたら、

「国民健康保険料と国民年金保険料のキャッシュバックが10万円あった!」

と、ポジティブに解釈することにする。

給付より免除の方が簡単で安全

給付は当初案の「対象世帯だけに1世帯30万円配る」より、「一律で1人10万円」の方が確かに早くて手間もかからないだろう。

お金を配るよりも国民健康保険料と国民年金保険料を「一律で免除」した方が早いし安全だ。

わたしの場合、国民年金保険料はカードで納付するが、国民健康保険料は金融機関かコンビニまで納付しに行かなければならない(外出自粛中の4月30日までに)。

免除にするとお金を納付するために銀行やコンビニに出かける必要がなくなる。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS