金ETFの「延べ棒」はどこに保管しているのか

シェアする

スポンサーリンク
gold

わたしの「金投資」は「金ETF」という投資信託で行っている。

投資信託の銘柄は「SPDRゴールドシェア」だ。

参照SPDRゴールド・シェア【1326】(Yahoo!ファイナンス)

金ETFに投資している投資家は、延べ棒や金貨のような「現物」を保管・保有する必要がない。

では、投資している金の現物はどこにあるのか

スポンサーリンク

ロンドンに金を保管

「SPDRゴールドシェアのサイト」によると、金の延べ棒はロンドンに保管しているらしい。

全ての信託の金はカストディアンであるHSBC Bank plc (“HSBC”)によって同行のロンドン貴重品保管室に保管されています。

出典金地金リスト (SPDR Gold Shares (GLD).)

「カストディアン」とは「投資家に代わって有価証券の保管・管理などの業務を行う金融機関のこと」だ(大和証券「金融・証券用語解説」より)。

99,958本の延べ棒

保管している金の延べ棒の本数と重量も公開されている。

参照金の延べ棒一覧(PDF)(HSBC)

わたしが見たときには2020年8月14日現在で99,958本の延べ棒を保管していた。

1,252トンの金に投資

気になる「金の総重量」は40,275,423.500トロイオンスだった。

1 トロイオンス = 31.1035 g とすると、

40,275,423.500 × 31.1035 = 1,252,706,634.83 g = 1,252,706.63483 kg = 1,252.70663483 トン

1,252トンも金がある。

参照金ETF、1週間ぶりの増加(2020.8.14 第一商品)

金ETFに投資すれば、自分で金の延べ棒を保管する必要はなく、大手銀行がロンドンで預かってくれる。

※上記は2020年8月15日現在の情報です。本記事は金投資をすすめるものではありません。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS