ガムをけちるとボトルガムのフタはとれてしまうのか

シェアする

スポンサーリンク

ボトルガムが好きで毎日かんでいる。ささいなことなのだが、「ボトルガムのフタと本体を止めている箇所がとれる」ことが気にかかる。何回も開閉していると疲労でちぎれてしまうのだろう。
bottolgum
ガムのかみ方の説明書きには、


●1日摂取目安量:2粒を同時に1日4回、1回あたり20分間を目安にお召し上がりください。
と書いてある。

つまり、2粒ずつ消費することを前提としてボトルが設計されていると思われる。例えば100粒入っているとすれば、フタは50回の開閉に耐えればいいことになる。

しかし、わたしは1回に1粒しかかまない。つまり、ボトルの予想耐久度の2倍のストレスを与えていると思われる。だからガムがなくなる前にフタがとれてしまうのだろう。

ボトルガムに一体何粒入っているのか気になったので調べた。
ブログ「鍵穴手稿」の「ボトルガムを数えてみた」によると、ガムの数量は101粒、捨て紙は50枚だったそうだ。価格が698円とすると、1粒約7円。

ガムは歯磨き後に噛んでも大丈夫なのか?気になったので調べたら、

特定保健用食品 ロッテ キシリトールガムは、むし歯の原因にならない甘味料を使用しておりますので、歯を磨いた後にお召し上がりいただいても大丈夫です
ロッテお客様相談室

ということだった。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS