93万円で一生分の本が買えるか?

シェアする

スポンサーリンク
books

twitterのタイムラインを見ていると、こんなツイートがあった。

本の通販「honto」のキャンペーンで、「読書一生分」相当の935,977円分のポイントが当たるそうだ。

人が一生で使う書籍代は935,977円?

わたしは読書が好きな方なので、なんだか少ないような。

935,977円の算出方法を調べてみた。

スポンサーリンク

「読書一生分」の算出方法

「読書一生分 = 935,977円」の算出方法はキャンペーンページによると、

※算出方法

A. 1世帯当たりの書籍・雑誌等への年間支出額:

10,703円(総務省 2019年 家計調査より)

B. 女性の平均寿命:87.45年(男性は81.41年)

(厚生労働省 令和元年 簡易生命表より)

とのこと。

上記のAとBを掛けると、

10,703 円/年 × 87.45 年 = 935,977.35 円

となる。

世帯当たりの書籍・雑誌の年間支出額って、10,703円しかないのか!

月間支出は891円だ(10,703 ÷ 12 = 891.91)。

1世帯で891円しか使ってないなら、文庫本1冊分も使ってないことになる。

あまりにも本を読まなさすぎ。

読書格差?

日本の家庭すべての書籍関連の年間支出が10,703円というわけではなく、これは平均値だろう。

本を読みまくっている人は年10,703円ではとても足りないだろうし、読書と無縁の生活を送っている人は支出はゼロに近いだろうから、10,703円は多すぎる(図書館で読んでいるから書籍代はゼロという「読書家」はいないと断言できる)。

本キャンペーンに応募するような人は「読書家」が多いだろうから、935,977円という数字は一生分の書籍費としては「少なすぎる!」。

わたしの年間書籍代

ちなみに、わたしの書籍・雑誌の年間支出を調べてみた。

昨年度(2019年)の年間支出は32,792円だった。

この数字は「自己負担分」の数字だ。

ポイント使用で割引となった分は含まれていない。

例えば、1,000円の本を「現金200円 + 800ポイント」で購入した場合、「書籍代 = 200円」と計上している。

なので、実際の支出はもう少し多い。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS