【Windows 10】「承認されていない変更がブロックされました」が出るときの対処法

シェアする

スポンサーリンク
secutrity

PCのウイルス対策ソフトはWindows 10に標準装備されている「Windows Defender」を使っている。

最近、アプリを起動させると、

承認されていない変更がブロックされました

というメッセージが出るようになった。

Windows 10 メッセージ


ウイルス対策ソフトが使用を許可していないアプリが、ファイルやフォルダの内容を書き換えようとするのを防いでいる(ブロックしている)ようだ。

つまり、ウイルスからPCのファイルやフォルダを守っている。

スポンサーリンク

「承認されていない変更がブロックされました」の対処法

ふだん使っているアプリについては、ファイルやフォルダの内容を変更してもいいので、上記のメッセージが出ないようにしたい。

つまり、「アプリの使用許可」を出したい。

対処法を調べてみた。

方法は次の記事を参考にした。

参照「Windows Defender セキュリティセンター」コントロールされたフォルダーアクセスによってブロックされているアプリを許可する方法<Windows 10>(2018.7.18 dynabook)

次のように、アプリの使用を許可した。

ふだん使うアプリの使用許可を出す

▼PCのキーボード左下にある「Windowsキー」と「I」を同時に押す。
windows key

▼「設定の検索」欄に「ランサム」と入力して、「ランサムウェアの防止」をクリックする。
Windows 10 アプリの使用許可 #1

▼「アプリをコントロールされたフォルダー アクセスで許可する」をクリックする。
Windows 10 アプリの使用許可 #2

▼「許可されたアプリを追加する」をクリックする。
Windows 10 アプリの使用許可 #3

▼「最近ブロックされたアプリ」をクリックする。
Windows 10 アプリの使用許可 #4

▼ブロックされたアプリの一覧が表示されるので、使用を許可したいアプリの左側にある「+」をクリックする。
Windows 10 アプリの使用許可 #5

これで、アプリの使用が許可されて「承認されていない変更がブロックされました」というメッセージは出なくなるはずだ。

※注意 インストールした覚えのないアプリには、絶対に許可を出してはいけない。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS