IEのサポート終了前に早期リタイアしておいてよかった

シェアする

スポンサーリンク
IE

IE終了に動揺広がる。「弊社のシステム、IEじゃないと正常に動かない」(2021.5.20 ハフポスト)

という記事を読んだ。

IE(Internet Exploler)のサポートが2022年6月15日に終了する。

SNS上で記事のタイトルにあるように「会社のシステムがIEじゃないと正常に動かない」という声があるそうな。

わたしもサラリーマン時代に「IEに依存した社内システム」のせいで退職したくなるほど気をもんでいた

スポンサーリンク

Windows Update

サラリーマン時代は毎月「Windows Update」が公開されるたびに気分が落ち込んでいた。

社内で使用しているシステムがWindows Update適用後に正常に動くかどうか、確認しないとならないからだ。

「もし、動かなくなったらどうしよう」

という緊張感でいっぱいだった。

もしまだサラリーマンだったら

もし、2021年5月現在もサラリーマンで、システム部門にいたら……と考えるだけで胃が痛くなる。

社内で使用しているシステムを、2022年6月のサポート終了までにIE以外のブラウザで稼働するように改修しなければならない。

考えただけですぐ退職したくなる。

実際はもう退職して10年たっているのでわたしには関係ないのだけど。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS