大相撲の優勝争いと巴戦記事のアクセス増加

シェアする

スポンサーリンク
sumo girls

大相撲の優勝争いが接戦になると、当ブログの巴戦の記事にアクセスが集まる。

3人で巴戦をすると1人が絶対に不利になる
『数学的思考法―説明力を鍛えるヒント』(芳沢光雄著 講談社現代新書 2005)を読んだ。 この本のおかげで2日間ほど悩んだ。 本...

巴戦とは「3人のうち、先に2勝した者が優勝する」というシステムだ。

相撲で3人の力士(A、B、C)が巴戦を戦うとする。

例えば、AとBが対戦して勝者がCと対戦すると、Cだけが不利となる。

スポンサーリンク

巴戦は不公平なシステム

AとBの優勝確率はそれぞれ5/14(35.7%)、Cの優勝確率は4/14(28.5%)となる。

初戦を戦わないCが不利となる。

計算方法は上記の巴戦の記事を参照してほしい。

優勝確率の差は1/14(7.1%)と、無視できない不公平さだ。

巴戦はメンタル面でも不公平

巴戦はメンタル的にも不公平だ。

AとBのうち、初戦の勝者がCと戦う。

初戦の勝者は1勝していて、あと1勝すれば優勝だ。

つまり「王手」の状態でCと対戦する。

仮にCに負けても次がある。

一方、Cは1敗もできない。

必ず勝たないといけない、「後がない」追い込まれた状態で戦うことになる。

確率という数字でも不利、メンタル的にも不利だ。

なので、巴戦に巻き込まれたら必ず初戦で戦えるようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly RSS