Windows7で更新プログラムを適用すると画面が真っ黒に!

シェアする

スポンサーリンク

Windows Updateを適用するとPCが正常起動しなくなった。

更新プログラムをインストールして、再起動しようとすると画面が真っ黒になって止まってしまう。

なぜ?

スポンサーリンク

現象

  • Windows Updateを適用後に再起動
  • 画面に「ようこそ」というメッセージが3分ほど表示される
  • 突然、画面が真っ黒になって固まる
  • 電源ポタンを押し続け、電源を強制的に切る
  • 仕方なくセーフモードで起動
  • 「Windows更新プログラムの構成に失敗しました」と表示される(誰も構成しろと頼んでいないのに)
  • 自動的に再起動
  • デスクトップ画面が表示される

対処法

どうやらWindows Updateの更新プログラムを適用したら起動しなくなるみたいだ。

「構成に失敗」すると、OSが自動的に更新前の状態にロールバックして再起動させるみたいだ。

更新プログラムの容量が大きすぎてメモリ不足になったのか、それともハードディスクが寿命?

PCは買い換えて3年以上経過しているが、もう寿命なのだろうか。

それともウィルスに感染したのか??

念のため、外付けハードディスクにバックアップを取っておいた(2時間半かかった……)。

PCもモノなのでいつか寿命が来る。

そのときは買い換えないといけないので、その日が来たのかも……と思いながら少し様子を見てみる。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS