貧乏に効く薬「長者丸」(井原西鶴)

シェアする

スポンサーリンク

経済小説&ビジネス書の金字塔、井原西鶴『新版 日本永代蔵 現代語訳付き』(角川学芸出版 2009)に「貧乏に効く薬」が紹介されている。

この薬を毎日服用すればお金持ちになれるというのだ。

「長者丸」と呼ばれるこの薬の処方は、

早起き 5両
家業 20両
夜業(よなべ) 8両
倹約 10両
達者 7両

現代風に書くと、

早起き 5万円
本業 20万円
副業 8万円
節約 10万円
健康 7万円

合計 50万円

この50万円の薬を細かく砕いて朝昼晩欠かさずに毎日服用すれば、必ずお金持ちになれるそうだ。

あと、蓄財の害になる「毒」を飲まないようにもすすめている。井原西鶴の言う「毒」を一部紹介すると、

  • 美食、好色、高価な普段着
  • 家族にぜいたくをさせること
  • 高額な趣味
  • ギャンブル
  • 寺社への参拝、後世の安楽を願うこと
  • 食事中の飲酒、喫煙
  • 目的のない旅行
  • 有名人との交際
  • 高金利の借金

出典:「煎じよう常とはかわる問薬」 (井原西鶴『日本永代蔵』所収)

この世でお金でどうにもならないのは生・老・病・死・苦の5つだけだ。この5つ以外はすべてお金で買える。だからお金が一番の宝なんだ。 

井原西鶴

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS