『ジーパンをはく中年は幸せになれない』が売れている

先日、当ブログで紹介した本『ジーパンをはく中年は幸せになれない』 (津田秀樹著 アスキー新書 2009)が当ブログ経由でけっこう売れている。

紹介記事:新人に忘年会で「恥ずかしい芸」をさせるのは「社畜」にするため

本のタイトルが「魅力的」だからかな?

わたしが本書を読もうと思ったのも、「なぜ”ジーパンをはく中年”は幸せになれないのか?」という疑問を持ったからだ。

なぜ幸せになれないのかは、ぜひ本書を手にとって読んでみてほしい。

わたしが記事で紹介したのは、「人は、人前で恥をかかされると、他人に服従しやすくなる」というトピックだ。

本書には他にも興味津々な話が詰まっている。

いくつかわたしが「面白い!」と思った例をあげてみると……

  • 大人買いでは心は満たされない
  • 甘いものを食べると、不幸感が高まる
  • チャンスをライバルにゆずってしまう
  • 成功を捨てて確実に失敗する仕事を選ぶ
  • 不幸がうつるのはなぜか?

本当に人間って、面白い。

「成功したい」と口では言うが、実は成功よりも自尊心(プライド)の維持の方が大事なのだ。

プライドを守るためなら、仕事で失敗することも、お金を失うことも、命を危険にさらすことも、中年のくせにジーパンをはくこともいとわない。

これが人間なのだ。

読んで損はないと思った一冊だった。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

twitterをフォローする
twitterをフォローする

ブログを購読する
ブログを購読する

follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader