JA全中は貧乏なのである

シェアする

スポンサーリンク


農協改革の一環としてJA全中の地域農協への指導・監査権を廃止するというニュースがあった。

<農協改革>目指すは「強い農業」の実現 (2015.2.9 毎日新聞)

JA全中の権限を取り上げるとなぜ農協改革になるのかよくわからないので、立花隆『農協』(朝日新聞社 1984)を読んだ。

JA全中は農協グループの頂点に君臨して、絶大な権力と資金力をバックに農協を牛耳っている、というわけではなさそうだ。農協に対する統制力はそれほどないようで、お金もあまり持っていないらしい。

全中は貧乏なのである。他の全国連と違って、カネが儲かることは何もやっていない。全中の果たしている機能には、指導、監査、教育、調査研究、情報提供、紛争調停などがあるが、いずれももっぱらカネを使うことばかりである。

p.355


全中のオフィスにある役員室も「中小企業の社長室」のようで、豊かな農協の組合長室の方が豪華らしい。

どうやって全中が食べているのかといえば、全国連(全農、全共連など、農協の上位組織)が負担する賦課金だ。

今回の改革で「全中から監査権が取り上げられる」ということで「一般の企業監査のように監査で儲けている」というイメージがあったが、農協への監査で儲けているわけではなさそう。

全中の業務は、農協の指導・監査だけではない。

農林水産省、国会議員に対してロビー活動を行なって、農業関連の国家予算を獲得することだ(こちらのほうが大事なように思える)。

農協からの要望を吸い上げて、全中の幹部が農林水産省、国会議員に働きかけ、国から農林水産省の予算をつけてもらう。

今回の「農協改革」の意図はまだわからない。メディアの報道を見ても中身がよくわからない。「蓋を開けてびっくり」とならないように勉強していきたい。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly RSS