パソコンユーザーなら借金してでも買うべき1冊

シェアする

スポンサーリンク
キーボード

マウスより速くて簡単!! パソコン1秒操作法 おぼえて使いたいショートカットキー』(アスキー新書 2013)はパソコンユーザーなら必ず読んでおくべき1冊だ。

今まで「マウス」を使ってパソコンを操作していたユーザーなら、ショートカットに切り替えるだけで劇的に操作スピードを上げることができる。

すなわち、自分の時間が作れる

マウスの操作でイライラしている人は、本書を何度も読んで暗記しちゃってください。

そうすればイライラを解消できる。

本書の内容を覚えて使うだけで、確実に時間が作れてパソコンの作業が効率化できる……こんなに有利で確実な投資はない

スポンサーリンク

所要時間30秒の操作を1秒に短縮

本書で作業時間短縮の一例としてあげているのが「Excelの範囲選択」だ。

Excelで多数のセルを範囲選択するとき、マウスだと結構面倒だし、時間がかかる。

20151002_shortcut1

ここで、ショートカット[Ctrl]+[Shift]+↓を使うと、一瞬で一番下のセルまで範囲選択できてしまう。

20151002_shortcut3

その他の感動的なショートカット

わたしが今までマウスで行っていた操作で、本書を読んで覚えて感動したショートカットをいくつかあげてみる。

[Windows]+D:スタート画面からデスクトップ画面に切り替える

わたしのPCのOSWindows8.1だ。普段はデスクトップ画面で作業している。

たまにWindowsのスタート画面を表示するとき、いちいちチャームバーを表示してWindowsボタンを押していた。

しかし、キーボードの[Windows]ボタンを押せば一瞬でスタート画面を表示できることがわかった(いまさらながら)。

スタート画面からデスクトップ画面に切り替えるときは[Windows]+D。

[Windows]+C:チャームバーを表示する

チャームバーを表示するとき、マウスを画面の右下の方に移動させてチャームバーが出てくるのを待っていた。

しかし、[Windows]+Cで一瞬でチャームバーを表示できることがわかって感動した。

[Windows]+L:パソコンをロックする

パソコンから離れるとき、このショートカットを使えば一瞬でパソコンにロックが掛けられる。

Ctrl+”+”:ウェブページの文字を大きくする

ブラウザのサイトやブログの文字が小さければCtrl+”+”で文字が大きくなる。

“+”(プラス)は[Ctrl]キーと”+”キーを押すので、実際は[Ctrl]+[Shift]+”+”となる。

必要なショートカットを厳選

「ショートカットの一覧なんて、ネットにいっぱい転がっているのでわざわざ本を買う必要はない」と思っていた。

が、本書には作業短縮に役立つ可能性が高いショートカットだけを厳選しているなあという印象を受けた。

ネットで調べれば無料だけど、調べるのに時間がかかる。

ネットのデメリットは「無料の代わりに、時間をムダに消費させられること」だ。

このデメリットを回避することに、本書の意義がある。

目次
序章 時間短縮に効くキーボード使いこなし法
第1章 役立ち度抜群!全ソフト共通1秒操作
第2章 Winodowsを自在に操る1秒操作
第3章 文字入力が快適になる1秒操作
第4章 インターネットブラウズを快適にする1秒操作
第5章 Word文書の作成を快適にする1秒操作
第6章 Excelの入力・操作が快適になる1秒操作
第7章 PowerPointのプレゼンに役立つ1秒操作

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS