三菱商事の赤字は「新興国株の高値づかみ」が原因

シェアする

スポンサーリンク
copper plate

三菱商事(8058)が赤字になった原因を調べてみた。

「総合商社」という日本最大級のサラリーマン組織は、実はハイリスクな株式投資家だったということがわかった。

サラリーマン組織である三菱商事は「汗水たらしてお金を稼ぐ」というイメージが強かったが、実際は投資から上がる配当金や売買益で食べているのだ。

参照:三菱商事、16年3月期最終赤字1500億円 銅事業などで減損 (2016.3.24 日本経済新聞)

上記記事によると、赤字の理由は「チリの銅事業などによる減損損失で、計4300億円を計上」するためだ。

三菱商事のプレスリリースを見てみた。

参照:通期連結業績予想の修正及び減損損失の発生に関するお知らせ (2016.3.24 三菱商事)

プレスリリースによると、「アングロ・アメリカン・スール社(AAS社)」へ出資した「チリ銅事業」で2800億円の損失を計上する。

赤字の合計額▲4300億円のうちの▲2800億円だから、65%がAAS社の減損が原因だ。

スポンサーリンク

損切り

「減損」とは……会計に詳しくないからうまく説明できないが、簡単にいえば「損切り」だ。

AAS社という新興国株を買ったけど儲かりそうにないから2800億円の損失を確定(損切り)することにした」ということなのだ。

さらにネットで調べると、こんな記事があった。

【ドラマ・企業攻防】チリ銅山めぐり三菱商事・三井物産 リスク乗り越え資産獲得 (2012.9.23 産経新聞)

日付が2012年なので、4年ほど前の記事だ。

この記事を読むと、三菱商事がAAS社の株を購入した経緯がわかる。

当時、新興国経済が成長を続けていて「銅」の需要がうなぎのぼりで高まっていた

銅事業を手がけるAAS社の株の購入を持ちかけられていた三菱商事は「こんなチャンス二度とない」と判断して、AAS社の株を約4200億円で購入した。

2001年のローソンへの出資を上回る三菱商事史上最大の投資となった。

銅バブル

当時は新興国経済の成長を当て込んで、世界中で「銅事業の奪い合い」が起こっていたようだ。

記事では、

“高値づかみ”との批判を受けてまでこだわったチリの銅権益。この事業でどう成果を生み出すか、両社の事業戦略が問われるのはこれからだ。

と結んでいる。

「両社」というのはAAS社株を購入した三菱商事と三井物産のことだ。

結果は、両社の創業初の赤字ということになった。

株は怖い。

教訓

三菱商事の赤字について調べて、個人投資家として次のような教訓を得た。

  • 「こんなチャンス二度とない!」と熱くなって買った株は「高値づかみ」している可能性が高い。
  • 損切りはお早めに。
  • 総合商社という日本最大級のサラリーマン組織は、実は株式投資で食べていた。

大手商社のトップたちは口をそろえていう。

「商社とは、敗者復活の連続なんですよ」

と。そしてまた付け加える。

「どんなことがあろうと、元気がなくなったら、商社マンはおしまいです」

城山三郎『打たれ強く生きる』 (新潮文庫 1989)p.154

<参考文献>
國貞克則『財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方』(朝日新書 2009)p.190 「三菱商事vs.三井物産 ~卸売業界」

日本経済新聞社[編]『会計用語辞典 』(日経文庫 2000)p.84

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS