早期退職してセミリタイア生活が5年以上になるとお金の心配がなくなる

シェアする

スポンサーリンク
桜

会社を早期退職してセミリタイア生活に入るときに一番の心配は「お金」だと思う。

死ぬ前に無一文になりそうになって、あわてて仕事を探したり、生活保護を申請したり、面倒なことになるんじゃないか

という心配だ。

わたしは、2011年に40代前半で早期退職して、もう5年以上経過した。

最近はお金の心配はほとんどしなくなった。

ただし、根拠はない(笑)。

根拠はないけど、心配しなくなった。

スポンサーリンク

早期退職を決定した根拠

確かに、退職前は「逃げ切り計算機」でシミュレーションして「平均寿命くらいまでは貯金が持つ」という結果が出た。

「平均寿命まで貯金が持ちそうだ」というのは、早期退職の根拠となった。

しかし、シミュレーションはあくまで「妄想」でしかない。

現在の生活レベル(収支、年金制度、健康状態)が死ぬまで続くという前提だからだ。

インフレ率は年1~2%という前提だ。

今後数十年のインフレ率を予想するのは不可能だから、インフレ率が1~2%というのは「妄想」というか「願望」でしかない。

だから、シミュレーション結果と実際の結果が大きく異なる可能性は十分にあり得る。

根拠のない自信

資産運用シミュレーションは「願望」がかなり入り込んだ「妄想」に過ぎず、今後の資産運用結果はどうなるかわからない。

じゃあ、なぜ「お金の心配」がなくなったのか。

ただ、なんとなく心配しなくなった、としかいえない。

アベノミクスの株高があったり、ブログで小遣い稼ぎができたりして、金融資産が思ったより減らない(逆に、退職前より増えている)。

2016年度セミリタイア資産運用決算~会社を辞めて5年連続で貯蓄は増え続けている
新年明けましておめでとうございます。2017年最初の記事は、昨年度(2016年度)の「セミリタイア資金」の決算から。※※ ...

サラリーマンとしてフルタイム勤務しなくても、お金は何とかなっている

という現実が5年以上続けば、お金の心配なんてしなくなる。

「根拠のない自信」というのは意外に強い自信になっている。

スポンサーリンク

シェアする

    関連コンテンツ

    twitterをフォローする
    twitterをフォローする

    ブログを購読する
    ブログを購読する

    follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader RSS